在宅介護において必要なスキルとは

高齢化社会が進み、多くの人たちが自宅で過ごすようになりました。

昔は核家族ではなく、世帯同居している家族が多かったため、みんなで協力し合って一人の高齢者を介護してきましたが、今では核家族化が進み、身内だけで介護するのも難しくなってきています。

そのために介護保険制度も立ち上げられましたが、受け入れることが難しくなかなか利用に至っていないのが実情です。

そこで自宅介護者が無理なく長期的に介護するためにはどうしたらいいのかを考えていきます。

自分でできることを自分のペースで

自宅で介護する場合、相手が辛いのは家族も知っているので、どうしても自分が辛くても隠して無理してしまいがちです。

しかし、介護する側が倒れたり具合が悪くなってしまっては介護される側が困ってしまうだけです。

特に介護する側が嫁である場合には思ったことも言えずに我慢して介護してしまうことがあります。

介護は新進的に非常にハードな仕事であるため、無理がたたると介護者自身が心身的に病んでしまうこともあります。

自分でできることを自分のペースで行って、できない部分は介護保険サービスをうまく利用していくようにすることでみんなが笑顔になることができます。

時にはスルーすることも大事

介護される側の人権や命を尊重することはもちろん大切ですが、介護される側も人間ですから時には介護者に対して口汚く罵ったり、介護に関係のない日常生活の愚痴を聞かされることもあります。

すべて聞けば相手は満足するかもしれませんが、そのことで心が苦しかったり辛くなった時は、話をスルーするスキルも身に着けておきましょう。

笑顔は作れる

在宅介護だと介護者も介護される側も常に一緒にいるわけですから、時にはいがみ合ったり腹立たしくなることもあります。

いくら介護は笑顔でと言われてもそんな気分には慣れないときもあるでしょう。しかし、笑顔というのは作り出せるのです。

自分の顔が不愛想になってきたと感じたら鏡を見てみてください。そして「ウィスキー」と言ってみるだけでいいのです。

「ウィスキー」といった直後の顔は自然の笑顔に一番近い顔と言われています。

介護するならできるだけ笑顔で相手に接すると、相手も気持ちを開いてくれます。

在宅介護は難しいと思っている人も多いですが、自分だけで介護しようとすればうまくいきません。時には社会的なサービスも活用しつつ、できるだけ心に余裕をもって楽しく介護できるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です